交通事故の交渉は法律の専門家弁護士へ

交通事故の交渉は法律の専門家弁護士へ
交通事故の交渉は法律の専門家弁護士へ

交通事故の交渉は法律の専門家弁護士へ

大きな病院の駐車場で、駐車をしようとしたときと目高通じををおこしました。駐車の仕方に少し問題がありバックで駐車のスペースから一メートルぐらいバックをしとめなおそうとしたとき、後ろに横切る車に衝突してしまいました。こちらは駐車をするためスピードはほとんど出ていなかったのに明らかに先方の徐行しなかったことと前方不注意であるのに私が100%悪いという先方の保険職員に腹が立ちました。追突でもあるまいし100%過失があるということに納得ができなかったので抗議したら保険の担当者の人はうるさく言うのなら負傷した相手側の運転手を病院にいってもらいますよと脅迫まがいにいわれモット腹が立ったので、私は公正な結論を求めていて不服だったので知り合いの弁護士の先生に頼んで、車専門の法律弁護士を紹介してもらいました。

今回の交通事故で私が悪くないといっているのではなくバックのとき良く後ろを確認しなかった私の責任は大きいのですが、先方の保険の職員は後進する人が一方的に過失がありといって譲らず、人身事故に処理しますかと脅してきました。しかし先方は公共の敷地内で徐行もせず、前方不注意なのに当たり屋じゃないかと思うほど強気に私を攻撃してきました。法律的に私の保険とは別に頼んだ交通事故専門の弁護士によって、私の過失は70%先方は30%と結果になりました。お金の問題でなく女性だから、足元を見て行なう保険担当者に腹が立ったので弁護士に頼んですっきりしました。これから中sじゃするときは特に気をつけます。

オススメサイト

Copyright (C)2017交通事故の交渉は法律の専門家弁護士へ.All rights reserved.